フリーランスエンジニアぞえの楽しく稼ぎ、楽しく遊び倒すブログ

ぞえブログ

プログラミング

実務未経験から最短でプログラマーになる方法

投稿日:


どうもフリーランスでエンジニアをやっているぞえです。
この記事では、

今プログラミングスキルは全くないけど、将来的にはプログラマーになりたい
プログラマーになりたいけど何も学習すればいいかわからない
プログラミングの仕事をうけたい

といった方に向けて、プログラマーに最短でなって仕事を獲得する方法について紹介していきます。

プログラミングスキルを手に入れる方法

まずはじめに、プログラマーに最短でなって仕事を獲得するにはプログラミングが出来る能力が必要です。
そして、学習するには2パターンの方法があります

  • 独学
  • プログラミングスクールを利用

どちらがオススメかというと、圧倒的にプログラミングスクールを利用してなるという方法です。
なぜかというと、プログラミングの独学は非常に難しいからです。

大学受験の時にまずは予備校を使うように、プログラミングを学習する上でも、プログラミングスクールを利用するといった方法が一般的となっています。

プログラミングスクールを利用するメリット

プログラミングスクールを利用するメリットは主に3点ほどあります。

  • カリキュラムを自分で用意する必要性がない
  • プログラミングを始めるという一番最初の挫折しやすい時期をサポートしてくれる
  • わからないことがあったら質問が可能で、つまづきにくい

もちろん、プログラミングスクールにも種類がありますが上記のサポートはほぼ100%ついています。
そしてこの他にも、値段やカリキュラム、特化型など様々なプログラミングスクールが存在するので、自分にあったプログラミングスクールを探すことが重要です。

例えば、簡単.格安だけど大したスキルが付かないであろうプログラミングスクールを利用した場合、将来的に見込める収入が30万円ほどで止まってしまうというケースもありますし、モダンな技術を積極的に学ぶスクールでみっちりと勉強した場合などは月に100万円も目指せるようになっています。

この記事で紹介するプログラミングスクールは、数あるプログラミングスクールの中から、現役フリーランスエンジニアが厳選したスクールだけなので参考になれば幸いです。

プログラミングスクール行けばすぐにプログラマーとして働けるのか

キャリアチェンジを考えている方だと、プログラミングスクールに行ってすぐに職が欲しいと思うのですが、プログラミングスクールに通った直後にプログラマーとして働くことは可能です。

いきなり、実務未経験から正社員として雇ってくれる会社というのは少ないと思いますが、プログラミングスクールでしっかりとカリキュラムを終えた場合は正社員として働けるような仕組みがあります。

転職保証付きのプログラミングスクールなどを利用した場合、どこも転職成功率は95%を超えていて利用者の年収が平均して60万円以上アップしているスクールなどもあるので、就職活動が不安な方は転職保証付きのプログラミングスクールを利用するのがオススメです。

そして、プログラミングスクールに通った後に、受託型フリーランスになるという選択肢もあります。
一般的なweb制作を行うフリーランスエンジニアのことです。
そのようなタイプのフリーランスを目指すにはWordPressといったCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用できる必要性があるので、WordPressコースのあるスクールを利用するべきでしょう。

プログラマーにも種類がある

プログラマーとして働きたい場合、主に2種類のキャリアが用意されています。

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア

しっかりと別れている企業というのは少ないのですが、だいたいのイメージはこんな感じ

  • フロントエンドエンジニアはサイトのレイアウトや動きなどを担当する
  • サーバーサイドエンジニアは課金処理などのロジックを担当する

若干サーバーサイドエンジニアの給料が高いケースも多いですが、ここら変は好みで決めていいと思います。

自分が書いたコードがすぐにパッと見でわかるフロントエンドか、一見地味だけどものすごいことをやっていたりするサーバーサイド。
もちろん両方できる人も中には存在し、フルスタックエンジニアと言われ重宝されます。

サーバーサイドエンジニアとして働きたいなら

サーバーサイドエンジニアとして働きたい場合、PHPと言われる言語を学習するのがオススメです。
なぜPHPがオススメかというと、モダンな自社開発企業などでよく採用され、年収なども上がりやすいからです。

以下のような高単価の求人はPHP以外にも要求される技術はありますが、最初にPHPを学んで、徐々に関連技術を学ぶことで参画することができます。

Pythonなども人気がありますが、一般的なweb開発に用いられるケースは少ないので、web系のサーバーサードエンジニアとして稼ぎたい場合には、PHPが圧倒的にオススメです。

ですので、サーバーサイドエンジニアになりたい場合は、PHPに強いプログラミングスクールに通うのがよいでしょう。

フロントエンドエンジニアとして働きたいなら

フロントエンドエンジニアとして働きたい場合は、モダンなHTML&CSSの技術の他にJavaScript,そしてフレームワークを学ぶのがオススメです。

一般的に以前は、フロントエンドエンジニアよりもサーバーサイドエンジニアの方が稼げると言われていましたが、最近ではフロントエンドでも高単価の求人はたくさんあります。

これらのスキルを身につけたい場合は、以下のプログラミングスクールがオススメとなっています。

未経験からWeb制作のフリーランスとして働きたい場合

ホームページ制作やHTMLコーディングなどを主に行う、いわゆる受託系フリーランスとして働きたい場合には、WordPressに特化したカリキュラムを受講するのがオススメです。

受託系は、1つ1つの単価こそ高くないものの、営業力や宣伝力があれば大幅に稼げる可能性を秘めています。
コネなどがない場合、まずはランサーズやクラウドワークスなどで仕事をとってくるといったケースが多いです。

中には高単価のものもあるので、クライアントとやりとりしながら、しっかりと稼ぎたいなどといった方には向いている働き方です。

webデザイナーという道もある

プログラマーではなく、webデザイナーもIT企業で重宝される存在です。
webデザイナーはデザインだけでなく、HTML&CSS時にはJavaScriptを書くこともある職業となっています。
見た目を自分でデザインして、それを実現するという業務内容なのでやりがいがある仕事です

Photoshopやillustlatorなど様々なデザインツールを利用したり、htmlコーディングを行ったりします。

料金で選ぶ場合

プログラミングスクールを料金で選んだ場合もっとも安いのが、就職支援付きのプログラミングスクールです。
なぜ、就職支援付きなのに安いのかというと、就職先の企業からプログラミングスクールに対して正社員が確保できた時にお金が支払われるからです。
企業側も自社で給料を払って講習をする代わりにプログラミングスクールに可能となっています。
勿論就職支援付きのプログラミングスクールでも有名な優良企業も多いので安心です!

次に安いのがドットインストールなどの動画サイトで勉強をすることです。
動画サイトでは安いというメリットがありますが、講師がいないので詰まったらそのままで、挫折しやすいというリスクもあります。

まとめ

自分にあったプログラミングスクールを探そう

-プログラミング

Copyright© ぞえブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.