フリーランスエンジニアぞえの楽しく稼ぎ、楽しく遊び倒すブログ

ぞえブログ

プログラミング

フリーランスエンジニアからニートになった理由と今後の予定

投稿日:


どうもぞえです。

普段は、WINDIIというプログラミングサイトの方で記事を書いているのですが、今日は新たに資産運用の方向性のメディアを作成してみました。
こっちでは、資産運用のメディアとしてついに貯金?借金を減らすことにコミットしていこうと思います。

初めての記事ですが、今回は僕が何でフリーランスエンジニアをお休みしたかという点についてご紹介しようと思います。

こう聞くと自分語りしたいのかよ、と思われるかもしれませんが、皆さんもフリーランスになった後に絶対直面する問題についてお話するので、もしよろしければこの後も読んでいってください。

僕がフリーランスをやめたくなった理由

僕が、つい最近までお世話になっていた会社は非常にホワイトで皆さん優しく、技術の共有などもできて楽しい職場でした。
しかし、僕がやめたのは、将来性がないからです。

というのも、小技等を使わないで技術だけをやるフリーランスエンジニアの時給が5000円ストップなのです。
そして、常駐系でマネジメントなしだと大体の場合日4万が限界です。

一年で時給3500円になって、その後に5000円になってもその次がないって夢がないですよね。

もし報酬を稼ごうとすると、マネジメント、請負契約等が必要になります。
責任との対価に給料を上げていくのです。
実質時給(稼働)ベースで考えるとマイナスの未来さえ見えてきます。

その未来が見えたので、僕は一旦フリーランスという働きかたを停止しました。
とはいっても借金大魔王ですので、借金の量が怖くなったら余裕で再開します。

これだけだと、僕の仮説だと思われるかもしれませんが、元プログラマー系のインフルエンサーたちがみーんなプログラムで稼いでないことが、フリーランスエンジニアの限界を証明しています。
皆さん優秀な方なのに、マーケの方で稼いでいるのですから。

勉強しても無駄

一旦フリーランスになると、フロントエンド、サーバーサイド、インフラで分離されます。
若干の連携の知識は必要ですが、サーバーサイドエンジニアがフロントエンド学んでも報酬は変わりません。
なんか、寂しいですよね。

以前は、フロント、サーバー、インフラ、Web系、Sier、受託と転々としてスキルをつけるんだ!
と思ってましたが、そんな修行して報酬増えないってどこの罰ゲ...

エンジニアの給料が低いのはおかしい。

この話は僕には関係ないのですが、少し言いたいので言います。
僕が前々から思っているのが、東大卒で東大院卒です。小さい頃からプログラミングやってますといった優秀な人たちの年収が1000万すら超えてなかったりするんですよね。(実際に実務も鬼できます。僕の10倍ぐらい?)
よく巷では、技術だけできるエンジニアは稼げない。コミュニケーション能力等が大事と言われますがまさにその通り。
日本人はITリテラシーが低すぎるが故に、ただ単に技術のできる人にお金を払う人が少ないのです。

今までは、他の業界と同じようにSierのような業界構造を作成し、終身雇用制度で優秀な人材をキープしていたのでしょうが、それこそ優秀な人材を囲って才能を発揮させない業界構造。
国力の衰退に大きく貢献したと思います。

ちょっと、話はそれてしまいましたが僕がいいたいのは、レベルの高い技術者にもっと報酬を払うべきだということです。

医師と比較するとわかりやすい

例えば、医師と比較してみて、医師のバイトは一日平均8万確かレバテックの最大月額報酬160万?
フリーランス界隈でもっとも優秀(No1ですよ?)な人材が、医師の平均ってもう.....

このように、優秀な技術者にお金を払わないのには理由があると僕は思っています。

  • マネジメント職の嫉妬
  • プログラマーという職がブランディングできていない

マネジメント職の嫉妬

はい。まずマネジメント職が予算管理を担当していてエンジニアが楽そうにお金稼いでいたら、首にしたくなりますよね。
なので、マネジメント職の嫉妬は大きな問題の1つかと。(解決方法はわかりません)

プログラマーだけでは、ブランディングができない。

医師、弁護士、公認会計士、薬剤師などは資格により、携わっているだけで下限年収が確保されますよね。
しかし、プログラマーはピンキリ、ブランディングができず、毎回ポートフォリオを元にプレゼンする必要があるのです。
とはいっても、実務に必要な技術の多様性は半端ない+技術の変動が激しいので国家資格化するのは難しいとは思います。

ではどうすればいいかという時に参考になるのがアメリカです。
実際にアメリカとかでは、エンジニアの平均年収1200万円程を達成しているのですが、情報処理の大学院修了などの学位があるひとしかエンジニアではない。

のような手法でエンジニアのブランディングを図っています。(ざっくりですよ

こんなことをいうと嫌われるとは思いますが、日本のIT業界で誰でもエンジニアを名乗れるのは問題かなと思います。(僕は得した側ですが、

プログラミングでお金を効率よく稼ぐには

とまあ、フリーランスでエンジニアを今後30年とか続けていくのは苦しいので、僕がプログラミングでありかなと思うお金の稼ぎ方は2種類

  • WordPress直受け
  • 自分でサービス開発

WordPress直受けは、どちらかというと、マーケや営業要素が大きいと思うので、自分でサービス開発しかなくなりましたね。
あら、どうしよう。

今後の予定

自分のプログラミング力を考えた時にアプリ開発かマーケだったらマーケのが楽かなー
うーん、まあどちらにしろ、遊びながら楽しく、借金返済していきたいなーと!

まとめ

なんかゴチャゴチャと煩いことを言いましたが、フリーランスエンジニアは最初は滅茶滅茶コスパがいいですし、僕も多分またやると思います。

以下の記事でフリーランスに最短でなる方法を紹介しています。
プログラミング未経験からフリーランスエンジニアになる最短の方法

-プログラミング

Copyright© ぞえブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.